メニュー

冷たいそば

生粉打ちせいろ

1,000円

水とそば粉のみで作った十割そばです。

玄挽きせいろ

1,000円

玄そばの実を皮ごとそのまま石臼で挽きこみました。皮のえぐみと荒々しい舌触りをお楽しみください。

冷おろしそば

1,400円

当店自慢の出汁をぶっかけにしたそばに、おろし、三つ葉、焼き味噌、鰹節、海苔、天かすを入れ、焼き味噌を溶かしながらお召し上がりください。

とろろそば

1,200円

大和いもを皮ごと特製出汁とともにおろしたつけとろスタイルです。

納豆そば

1,300円

納豆、鰹節、ねぎ、海苔、温泉卵を混ぜ合わせてお召し上がりください。

すだちそば(夏季限定メニュー)

1,300円

スライスしたすだちをたっぷりと浮かべた爽やかなそばです。
きりりと冷えたおつゆと、すだちの酸味と香り見た目にも涼しげな五感で味わう季節限定のメニューです。

天せいろ(夜のみ)

1,900円

大ぶりの海老の天ぷら2本と冷たいお蕎麦を温かい汁でお召し上がりください。

こちらは夜のみのメニューです。

温かいそば

かけそば

1,050円

低温でひいた、上品なかけ出汁をご賞味ください。

たぬきそば

1,200円

太白生絞りごま油でつくった天かすを使っています。

かすみ月見そば

1,200円

温泉玉子で雲をかけた月見そばです。

油かけそば

1,200円

高原豚の油の旨みを加えた新しいかけそばです。油抜きをしておりますのでさっぱりとお召し上がりいただけます。

香りねぎそば(冬季限定メニュー)

1,300円

たっぷりの白ねぎと唐辛子の佃煮をあつあつの出汁とともにお召し上がりください。お好みでコク付けに太白油をかけて。

※こちらは冬季限定のメニューです)

磯の香り花巻そば

1,400円

最上級の岩海苔を磯の香りとともにお楽しみください。

天ぷらそば(夜のみ)

1,950円

大ぶりの海老の天ぷらとかけそばのセットです。

こちらは夜のみのメニューです。

そばまえ(お昼のみの一品料理)

そばがき(2人前~)

1,100円

当店独自の製法で練りたてのふわふわで、もっちりとした食感をお楽しみください。1人前では練れないので2人前からのご注文でお願いいたします。

ぬか漬け

600円

自家製のぬか漬けです。

海老の味噌漬け焼き

810円

京都しま村の白味噌に漬け、香ばしく焼き上げました。

豚の丸煮

1,000円

岩塩でじっくり柔らかく炊きました。

タンの鍬焼き

900円

特製のタレに絡めて焼き上げました。わさびをつけてお召し上がりください。

牛すじのそば湯炊き

1,000円

上質な牛すじ肉をそば湯でじっくり3日間かけて炊きました。コラーゲンたっぷりのそば湯とともにどうぞ。

そばまえ(夜のみの一品料理)

天ぬき

1,400円

そば屋の伝統的な一品。揚げたての海老のかき揚げに熱々の出汁をたっぷりとかけてお召し上がりください。

焼き味噌

770円

ゆず、大葉などを混ぜこんがりと焼きました。ぱりぱりとした食感で香り高く、お酒の供にぴったりです。

丸いも揚げ

700円

ほくほくのじゃがいもを変わりバターと絡めてお召し上がりください。

夜のコース

お得なセットメニュー4000円(税別)

 

夜が初めての方におすすめなスタンダードなセットメニューです。

1.海老の味噌漬け焼き

2.そばがき

3.だし巻き卵

4.本日の一品

下記よりお一人様一品ずつお選びください。

①タンの鍬焼き

②牛すじ肉の蕎麦湯炊き

③豚の丸煮

5.天ぬき 

6.利きそば2種

1枚目玄挽きせいろ

2枚目生粉打ちせいろ

又は かけそば

(+300円でメニューよりお好きなそばをお選びいただけます。)

7.食後のデザート

IMG_9075.JPGIMG_6103.JPGIMG_6206.JPG

※こちらのセットメニューは季節など関係なく固定メニューとなります。

また、人数などによって内容が変わることもございます。

 

スペシャルコースメニュー5000円(税別)

特別な日におすすめなスペシャルコースです。

※こちらのコースはメニューにないものをご用意致しますので

前日までの完全ご予約制となります。

※内容は季節や仕入れによって変わります。

DSC_9428.JPGDSC_9402.JPGDSC_9440.JPG

DSC_9386.JPGIMG_1806.JPGDSC_4190 - コピー.JPG

※こちらの写真はほんの一例です。

尚、ハイシーズン期(大型連休、お盆、その他3連休等)にはこちらのコースがご用意できない場合がございます。

ご了承ください。

 

 

1
Today's Schedule